fureai 2 of 広小路クリニック



HOME > fureai 2


bind_09.jpg

ふれあいの家、アンケートの集計と考察

ふれあいの家〜PPKクラブ〜
広小路クリニックの附帯事業として、2006年7月にクリニック別館(ビアンネトル広小路1階)で会員制の『高齢者筋トレ・脳トレ教室』を開設して10年が経過しました。 
現在会員数は約80名となりました。毎週、月・火・水・金の午前/午後2時間半(水分補給とおしゃべりタイムをたっぷり取る)、雨の日も風の日も休むことなく続いています。 お世話するのは、インストラクターの吉田進がコーデイネーター兼任で、クリニックナースの野村文子、高齢者運動指導者の中村加奈子の3名のうちの一人が、有償ボランティアー1名と二人で、決まった運動メニューを安全に配慮しながら楽しく行っています。
毎回の参加会員数は最大10名となっています。決まった曜日が祝祭日であったり、自分の都合が悪かったときは、振替え参加自由となっています。
過去に2回会員さんに「ふれあいの家を利用しての感想」をアンケート調査してきましたが、今回質問項目を更に検討・改善して実施、70名の会員から回答があり、これに担当者が考察を加えたので発表します。
     統括責任者・広小路クリニック・理事長/木野紀

2016.4(開設10年)


「ふれあいの家」に来る動機

①「クリニックで勧められ」68%
 「三島市の広報を見て」 13%

動機.jpg

考察:規会員の履歴等を考えると、望ましい結果か。


参加後の変化について

*「生活にリズムができた」 31%
「身体が軽くなった」  23%
「意欲が湧いた」      21%
「外出頻度が増えた」 60%


日常生活.jpg

外出頻度.jpg

【その他の意見】
*「ふれあいの家」で知り合った仲間の人たちと食事に行くようになり
 生活にハリができた。(教室の外での交流を自主的に行っているのは
 主催者として想定していなかった!)
*週に1,2回規則正しく「ふれあいの家」に出かけることが楽しい。
*栄養に気を付けるようになった。

考察:外出頻度増加⇒歩行増加⇒人と交わる⇒脳の活性化
   当教室の目標の一つである「ボケ防止」との点で効果的。


動機筋肉の退化防止

E 訓練メニュー
「満足」       66%
「だいたい満足」   30%

訓練メニュー.jpg


H筋肉痛の有無
「ない」       90%
筋肉痛.jpg

以上の結果から、筋トレの強さのレベルアップを検討する時期か。


G尿漏れ
「たまにある」    37%
尿漏れ.jpg

尿漏れ体操の強化が必要。


K2「家での階段昇降
「少し困難」  52%
階段.jpg


K5「家での転倒
「不安」    45%
転倒不安.jpg

どう考えるか、どのような対策があるのか 検討課題。

*長年続けて筋トレの成果があがり、ダンベルも2kgを求める人が増えた。
*日常生活で、布団の上げ下ろしを妻の分までするようになり、
 感謝されるようになった。

改善点

*尿漏れ防止訓練の強化。
*転倒防止の訓練強化が可能か(検討課題)
*使用筋肉を説明することで、効果が倍増する
*会話をしながらの運動は脳トレのもつながる。
*ダンベル2kgの補充(補充済)
*負荷の掛かる正しい姿勢の確認。                


文責:野村・中村・吉田

毎週、月、火、水、金曜日開催
祝日は、お休みになります


ふれあいの家参加は、当院患者さんにお声かけしています。
ご参加ご希望の方は、当クリニックにお問い合わせください。