hohoemi12-3 of 広小路クリニック



HOME > hohoemi12-3


bind_01.jpg

NO12-3『認知症治療病棟へ入院、今介護施設で一息』

 夫 62歳 介護度1→4  介護者 妻 62歳

2007年、57歳で若年性アルツハイマー型認知症と診断されて5年が経過した。   
2011年春から、戸外への徘徊が4ヶ月続き、同年夏からは家の中での徘徊に変った。
毎日がハイテンションで、夜中に帽子をかぶり、手をたたきながら、時には低い声でうなりながら
土足で廊下を歩く。片方スリッパ、片方素足にスニーカーの時もあれば、
靴の左右をあべこべにはいたりしていた。

トイレのふたの上や玄関に放尿の跡もあった。私は起きて夫をトイレに誘導して、
寝室に戻す、を繰り返す。睡眠不足の毎日だった。

夫は身体が傾斜し、腰痛を訴えるようになり、やっとみつけたデイサービスに行っても、
腰を痛がるからと途中で帰されることが増えた。結果的に2ヶ月位しか通所できなかった。
デイサービスは、私にとって<救いの神>だったのに…。

 その後、夫は不穏な時が多くなってきた。ラジカセを投げる、郵便物は破く、
キッチンのカウンターに置いてある物は全てシンクへ落とす、コップの中に靴
下を詰める、水道の水を思いっきり出し、カラン(吐水パイプ)を全力で引っ張り上げる。
シンクのステンがぺかぺかして剥がれそうだった。

インターフォンの受話器を床にたたきつけ、楽しそうに(私にはそう見えた)
振り子のように持て遊び、とうとう電話線を切ってしまった。
修復までの間、来客があっても連絡がとれないということが案外不便だった。

 当時の私は笑顔なんて無かったと思う。
夫のメガネはグシャグシャにされて、まるで蜘蛛の死骸みたいに小さくなった。
投げられて転がっているイス、仰向けになって脚がバラバラに壊されたテーブル。
なすすべも無く立ちつくす私をどつく。
一番可愛がっていた猫を蹴飛ばしたのを見て、もうだめだと思った。

部屋を出て廊下で声を上げて泣いてしまった。

 木野先生に入院のお願いをしたのは2011年9月10日だった。
入院してからも、病院のソファーを投げたり、食事や介護の拒否もあったらし
いが次第に落ち着いてきた。ひたすら<病棟の回廊>を歩き続ける毎日。
誰彼なく投げキッスをして、職員さん達も笑顔で対応してくれた。

 入院して1ヶ月、10月13日には木野先生が夫の様子を見に病院までおいでくださった。
夫はその頃は既に言葉らしい言葉は話せなかったが、全身でうれしさを表して、
夫なりに「先生、ありがとうございます。」と言っているように私には思えた。

 10月末にてんかん発作が起き、5日間ベッドに拘束され、翌年1月には歩行中に転んだり、
へたって座り込んだりして車イスに座っている時間が増えた。
このまま車イス生活になってしまうかと危惧したが、頭部を保護する為ヘッドギアを装着し、
今まで通り廊下を歩かせてくれることになった。
歩かせてくれて本当に有難かった。今、夫が自分でできることは、歩くことだけだから…。

 病院に7ヶ月半入院し、2012年4月、介護施設に入所した。大きな混乱もなく落ち着いている。
相変わらずの投げキッスは、「こんにちは」「お世話になります」「いつもありがとう」
の夫の気持ちだと思う。

 振り返るとこの一年は実に大勢の方々にお世話になった。心からお礼申し上げたい。
若年性認知症の人は「1年で3つ歳をとる」と聞いた。
これからは、残り少ない夫の日々を、いかに穏やかに過ごせるかを考えていきたいと思う。

「悪いことは起きない」
「悪いことは起きない」

毎日、このフレーズを呪文のように唱えながら…。