hohoemi12-4 of 広小路クリニック



HOME > hohoemi12-4


bind_01.jpg

NO12-4『義母の介護も11年、体験を講演』

 義母 92歳 介護度3    介護者 嫁 63歳

今年の7月で「ほほえみ丸」に乗船して11年になります。

毎年この時期一年を振り返り感想文を書いてもう11年になるのだと月日の経つのが
早いとつくづく感じます。
義母はグループホームへ入居して今年の8月で、丸7年になります。
最初の内は自分の出来る事を率先してやっていました。

今でもホームからのお便りには、テーブル拭きや、洗濯物をたたんだりはやっているようですが、
私がホームへ行くとベットに横になっている事が多く、声が小さく何を言っているのか分からないので、
だんだんホームへ行く回数が減ってきました。
主人の名前は出るそうですが、私の名前は出てこなくなり「お姉さん」と呼ばれるようになりました。

でも身内の人と言う感じがあるのだろうか、私に「お父さんがね・・・」と義父の話をしたり、
長く居ると記憶が戻るのか立ち上がり、私と一緒に帰ろうとする事もあります。

義父の七回忌の法要を今年4月にやりました。義母はお爺さんの亡くなった事も何も分かっていませんが、主人の妹と相談して義母も一緒に座らせました。
孫や、ひ孫に囲まれてニコニコしている義母を見ていると、元気で92歳を迎えこの席に座って
いたら良いのに、と思いました。

去年は私の11年間の介護の体験を話す機会がありましたが、今年はほほえみの会員として
やっているボランティア洗心亭の一員として「高齢者ふれあいシンポジュウム」で
「一人で悩まないで!」と言うテーマのパネリストをさせて頂きました。

10年前に比べれば今は、地域包括支援センターや、高齢者よろず相談室「洗心亭」と
認知症に関わる情報が沢山あります。
私の様に何も分からず手探りで始めた介護ですが、外に出て「ほほえみの会」に出会えた事で、
多くの方に助けられ今日までこれたと思います。
そして11年前認知症の両親との同居で、ビックリした事も今では笑いながら話せる日がきました。
 
これから先も、グループホームで暮す義母を見守って行きたいと思います。
先生、皆さんこれからも宜しくお願いします。