hohoemi12-5 of 広小路クリニック



HOME > hohoemi12-5


bind_01.jpg

NO12-5『手抜きを覚える」など介護経験者の言葉が心に残った』

 義父 90歳 介護度1  義母 85歳 介護度3   次男嫁 58歳

平成21年4月から広小路クリニックにお世話になっています。
認知症ではないかと疑われる症状がでてから7年たっていました。
長男の嫁と娘の死 義母のペースメーカー植込み手術・大腸がんの手術 
義父三回脳梗塞で入院・その後ショートスティに入所など数年の間に色々な事がおこりました。

元々激昂型で抑えの効かない義母でしたが、益々感情の起伏が激しくなり暴言・暴行・妄想など
様々な症状にどう対処していいのか悩む日々でした。 
特に物を紛失(保険証・通帳・印鑑・財布・眼鏡・書類など)した時はひどく、
「嫁が無くした 私は触った事もない 嫁が悪いから」が延々と続き、
最後に「死にます・家を出ます」この繰り返しでした。

何を言っても悪意にとられ、黙っていても変な人・気持ち悪い人と詰られ、
ストレスで体調が悪くなり精神的にも不安定になっていた時、
平成23年4月に木野先生からほほえみの 会に誘って頂き参加させて頂きました。

「患者は女優」「1人で抱え込まない」「手抜きを覚える」「-を+に」など経験者の方の
話の中でも特にこれらの言葉が心に残りました。
義母が怖く話をするのもつらかった私ですが、少しずつ気持ちが楽になり以前より身構えないで
接する事ができるようになりました。
義母は、義父がいない今のほうが穏やかに生活しています。
嫌がっていたデイもプライドの高い義母が、講師という肩書をつけて頂き週に6回楽しく通っています。
本当に感謝です。木野先生を始めデイサービスヘルパーさん皆様に助けられて生活していると感じる
日々です。

これからも宜しくお願いします。