hohoemi 14-3 of 広小路クリニック



HOME > hohoemi 14-3


bind_01.jpg

NO14-3『介護は手抜きして、本当に良いのですね』

 要介護度3 被介護者 母   介護者 娘

辛いだけと思っていた介護生活でした。
ほほえみの会に入ってその考えを変える事ができました。有難うございます。

母の病気の発症当時は、母の起こす問題症状のため喧嘩ばかりの日々でした。
物忘れ、徘徊、妄想、介護抵抗、排便処理、など。
介護する事に疲れきり、どうしていったらいいのかわから無くなっていた私でした。

ほほえみの会に入って、皆さんからのアドバイス、認知症の人を怒ったらだめ、
認めてあげる事、そして、優しく笑顔で接する等、
それまでの介護生活を変えたかった私、出来るところから直していくと、
本当に母の状態が変わっていき問題行動が減っていきました。

便の付いたパットも隠す事も無くなり、介護抵抗も減り、
喧嘩ばかりの毎日も笑顔で生活する様になりました。


介護1から介護3になり、介助する事も多くなってきましたが、
先生が教えてくれた、介護の手抜き(本当にいいの?)とおもいましたが、
これが本当に必要なこと、自分に余裕を持つこと、心が楽になれました。

介護サービスも利用してこれからも、力を抜いて介護していこうと思っています。
何か問題が起きても相談する場所があることがとても心強いです。
宜しくお願いします。

そして、感謝しています。