hohoemi9-1 of 広小路クリニック



HOME > hohoemi9-1


bind_01.jpg

NO9-1 6年間の介護生活に終わりがきました 

 被介護者 義母 92歳     介護者 嫁

義母が永眠してから1年8ヶ月が過ぎ、今は孫の保育園の送迎・犬の世話に追われ、充実した生活を送っています。 6年間の介護生活が終わり、ほほえみの会には大変お世話になりました。

母の介護をしていた大変な時期には、思い悩み苦しい時期もありましたが、その時その時にみなさんに話を聞いてもらい気持ちを共感してもらうことが出来たことでいろんな壁を乗り越えてこられたのも、この会あってからこそだと思います。そのおかげで母の最期まで在宅で介護することが出来たと思っています。

 これからは介護で頑張っている人達の声に耳を傾けていけたらいいとおもいます。 これからのほほえみの会のますますの発展を心よりお祈り申し上げます。