hohoemi9-4 of 広小路クリニック



HOME > hohoemi9-4


bind_01.jpg

NO9-4 義母の気持ちを思うとき  

 被介護者 義母  要介護5  介護者 嫁 

最近は、穏やかな表情の中に、何か語りたい様な一瞬を見せる義母・・・。せめて言葉を口にすることができたら、もう少しだけ自分の力で手足を動かし体で表現できたら・・・。

薄らいでゆく意識の中でも時にはもどかしいと思う。 三回目の脳梗塞後、寝たきり介護認定5になってもう3年目になります。

このところちょっとしたことでも熱が出たり食欲が衰え少しずつ弱くなってきた義母。長い年月頑張ってくれてご苦労様と言いたいです。

この頃私は思うのです、やがては誰もが老いと向かい合い、家族、地域社会等いろいろな人たちと関わりお世話になるわけで、果 たして自分はどんな気持ちで日々を過ごしていけるかな? 義母と過ごした三十数年の月日とほほえみの会で学んだ貴重な時間、そして義母への介護の体験は私を大人にしてくれたと思います。